Pocket

昨日は長男の卒業式でした。

長男は短期大学。ウチには「大学」という場所にはあまりご縁がないので、

大学の卒業式なんて、私自身の卒業式しか知りません。

 

もう25年以上も前になるけれど、私自身が通った短期大学、

まあまあマンモスだったのかなあ・・・

振袖に袴を着付けていただいて、学校の講堂??で卒業式があって、

 

夕方からは市内のちょっと有名なホテルで謝恩会があったような・・・

 

そんな気がします。

 

短期大学時代の仲の良い友達とワイワイしたような気はするけれど、

卒業式自体には、思い出というか、そういうものはなかったように思います。

 

そして昨日の長男の卒業式。

長男の短期大学は、看護科のみ。ただ、その中でも3つのグループというか、学科というか、

には分かれていて、

長男は一番人数の多い学科なんです。

 

といっても、100人ほどの卒業生。

 

その3学科の合同の卒業式(200人ちょっとくらいの卒業生)があり、

その後、学科ごとに分かれての、式がありました。

 

今、長男の卒業式から1日が経ちましたが、今でも感動が続いてます。

 

100人くらいの卒業生の学位記・修了証書授与式。

卒業生は、男子はスーツを着こなし、

女子は華やかな袴姿が多かったかなあ。

みんな、国家試験も終わり晴れ晴れとした感じで、

キレイで可愛くて、普段の仲の良さが分かる、

ほのぼのとした、とても良い授与式でした。

 

一人ずつ授与をしていただき、

すべての先生から涙ウルウルのコメントをいただき、

2年間の短期大学生活の写真を見せていただき、

長男が2年間一緒に過ごした学校を、

初めてゆっくり見ることができました。

 

大学のキャンパスと言うには、

こじんまりとしている短期大学ですが、

だからこその、先生方の細やかな指導や、

学生同士の結びつきや、

長男が2年間をどのような気持ちで、どんな感じで過ごしたのか、

 

なんとなく感じることができました。

 

もう20歳の子供、しかも男子。

この2年間はどんな毎日だったのかとか、ほとんどワカラナイけれど。

 

でも、一生の友、とも言えるような、そんな仲間に出会うことができたんだろうなあ。

とか、

18歳、19歳、20歳、そんな

「遊びたーい!!!」だけだろう毎日を、

看護師になる、そんな共通の目標をもつ仲間と一緒に毎日を過ごして、

勉強もしながら遊びもしながら、

 

長男なりの

「楽しく充実した学生生活」を過ごしたんだろうなあ、と思わせてくれるような、

そんな授与式でした。

 

短期大学のすぐ近くにある、長男がお世話になった高校。

高校、短期大学とを合わせると、5年間を過ごした場所。

 

本当に本当に、ありがとうございました。

 

中学卒業までは、学年一背が低く、勉強も苦手で・・・

色んなことが心配だらけの、そんな長男でした。

 

長男にとってはチャレンジ受験で、運よく合格して、

 

それから5年・・・

 

この5年で、長男は劇的に成長しました。

沢山のお友達に囲まれて、たくさんの先生方に関わっていただいて、

20歳になりたてで、正看護師の資格がとれそうです。

 

もうね。もうね。

 

今も、泣けてきます。

 

卒業おめでとう。

ホントにほんとに、おめでとう。

お越しいただきありがとうございます。 ねこねここ、と申します。 4人の子供のアラフィフ母です。 子供たちの人生が明るく楽しいものであるよう、いつも願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です