Pocket

 

「断捨離」

いつからの言葉(単語)か、覚えていますか?

2010年の流行語、なんだそうで・・・

結構最近、なんですね~(;”∀”)

 

「もったいない」という固定観念に凝り固まってしまった心を、ヨーガの行法である 断行(だんぎょう)・捨行(しゃぎょう)・離行(りぎょう)を応用し、

●断:入ってくるいらない物を断つ

●捨:家にずっとあるいらない物を捨てる

●離:物への執着から離れる

として不要なものを断ち、捨てることで、物への執着から離れ、自身で作り出している重荷からの解放を図り、身軽で快適な生活と人生を手に入れることが目的である。ヨーガの行法が元になっているため、単なる片づけとは一線を引く。     Wikipediaより引用

 

深いなあ・・・

「今日は断捨離するわっ( `ー´)ノ」って、簡単に言ってしまうけれど、それってただの「お片付け」なんだろうなあ・・・

目に見えるモノを少しでも少なくして、ゴミがタクサン出ると、

 

「めっちゃ断捨離できたあ~(^O^)/」って、喜んでしまう。だけどそのうちにまた、モノだらけになっちゃって・・・

「あれ・・・?」

 

例えば家や職場を「断捨離」するときは、「モノ」への執着を捨てることが大切なんだそうです。なぜ要らないのか(使わない・他で代用できるなど)をキチンと納得して手放さないと、すぐにまた新しい「モノ」が増えるそうです。

なので、やっぱり「考え方」

ヨガの考え方が基本となるため、ただの「モノの整理」ではなくて、「ココロの整理」なんだそうです。

 

で・・・・

ワタシ、この夏、無痛性甲状腺炎という病気になり、それがきっかけで自分が「橋本病」だということを知りました。そして私の父方の叔母2人も、同じような免疫疾患を持病に持つことも、初めて知りました。

ワタシのように、体質として持っていながら、毎日の生活で何の支障もなく、症状が出ない方が多いことも知りました。今回のワタシのように、「更年期かも」と思い、「しょうがない」と無理を続けてしまうことも知りました。

ワタシは仕事をしているけれど、自営業の手伝いなので、ある程度の融通はききます。でも、フルタイムでお勤めをしているママなんかは、多少の体調不良ではお休みしたりはできないだろうなあ・・・。

ワタシはこどもが4人もいるけれど、もうみんな大きくて、ワタシが色んなお世話をしなくても日常生活はある程度できます。でも、小さな子供をもつママなんかは、自分の多少の体調不良では家事や育児を誰かに任してゆっくりのんびりなんて、できないだろうなあ・・・

そんな自分の「今」に感謝しまくりの、この夏でした。

最低限の仕事だけ、最低限の家事だけ、あとはひたすら「のんびりゆっくり」・・そんな生活を1か月半くらい、してました。

そんな中、今までのワタシを振り返ったりもしてました。

「いつも元気やなあ」と言われるし、元気だけが取り柄と言えるようなワタシ。

「頑張り屋さんやなあ」と言われるし、とにかく頑張らないとと思ってしまうワタシ。

「できて当然」と思われているような気がして、出来ないといけないと思うワタシ。

全部、ワタシ自身がしてきたこと、なんですよね。

 

毎日のんびり、ヒマだったのもあって、色んなこと考えました。その中で、「ココロの断捨離をしよう」と思いました。

ワタシにとって大切なことは何なのかなあ・・・?今まで「ワタシがしないと!」と勝手に思ってしてきたこと、たくさんあって。たくさんの事を抱えてしまうことは、ワタシの長所でもあり、短所でもあることを実感しました。

この夏、ワタシ自身の体調が悪くなってしまったことは、「ちょっと考えよう」ということなんだろうなあ、と思いました。

今までもいろんなことがあったのだけれど、特にこの1年間は、ワタシ自身や家族以外の事でイロイロあって・・・結果、ワタシが一番大切にしないといけないこどもたちにまで、影響するようなこともあって・・・

ワタシが一番に考えないといけないことは、ナニ?やっぱり、家族だあ~。

今、家族の事を一番に考えていかないと、後悔するかも( ˘•ω•˘ )

・・・ちょっと大げさかもしれないけれど、本当に感じました。

 

「断捨離」って、例えば不要なモノに囲まれていると、モノにエネルギーを吸い取られてしまうそうです。それがモノではない場合・・・自分のキャパ以上の事をしようと毎日頑張り過ぎている場合、それはやっぱり、いい結果にはならないですよね。

ワタシにとって大切なこと。ワタシにとって大切な人。ワタシにとって必要なすべて。できることなら、それだけに囲まれて毎日を過ごせたら・・・

それがつまりは、

「ココロの断捨離」なのではないかなあ、と感じました。

もちろんそんなことは、出来るはずなくて(;”∀”)

だけど、出来るだけそうすることが大切なんですよね。

 

具体的に手放した大きなことが本当にあって、そのことを大好きなお友達に話したら、

「やっと、わかったかあ~」って言われました・・・( ˘•ω•˘ )

 

 

 

お越しいただきありがとうございます。 ねこねここ、と申します。 4人の子供のアラフィフ母です。 子供たちの人生が明るく楽しいものであるよう、いつも願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です