Pocket

 

こんにちは(^◇^)

看護短期大学2年生の長男・・・

長男は、学費のために「日本学生支援機構」からの奨学金と、

その他交通費や自由費のために「地域の病院」からも奨学金を受けています。

日本学生支援機構からの奨学金は、学校を卒業して就職したら、月々の返済が始まります。

地域の病院からの奨学金は、その病院で勤務(長男の場合は2年間)すると、返済が免除になります。

なので、長男はもう、就職先が決まってるんです。

そーなんです。でも・・・

来月、勤務予定の病院の「看護師採用試験」があります。

その看護師採用試験の書類を提出するために、長男は昨日病院に行ってました。

 

実は去年、長女も「採用試験」がありました。

長女も病院から奨学金を受けちたので、卒業後はその病院に「勤務しないといけない」ことが決まっていました。

それでも「採用試験・・・?」ナンデ・・・?

去年、そういえば長女とそんな話をしました。

 

本当のところはワカリマセンが、

「適性を、病院の採用担当者の目で見る」ということなんでしょうか・・・

「看護師としての適性」というよりも、

「病院との相性というか、病院の適性?」ということなのかな、と長女と話しました。

実際の話かどうかは・・・?なのですが、

「奨学金を受けていても、採用試験で落ちることもある」という長女の話。

 

ホンマにい?

 

その場合、受けている奨学金はどうなるん?フシギ・・・( ・´ー・`)

長女とワタシでは解決できる疑問ではなかったので、それ以上はその時は話しませんでした。

 

そして来月は、長男の採用試験。

長男はワタシから見ても、「看護師に向けてまっしぐら」だし。

大学の成績も、模試の成績も、まあまあだし。

のんびりマイペースな「やさしい男子」なので。

きっとダイジョウブだとは思いますが・・・

やはり、「試験」となると、心配です・・・

 

採用試験のための履歴書やエントリーシートを昨日提出するために、

一昨日作成していた長男。

夜、涼しくなってから、白いシャツにネクタイをして、履歴書用の証明写真を撮影するために、家の近くの「機械」に入ってきたようです。

そして、

「なあなあ。ちょっと見て。おかしい所、ないかなあ?」

と言って、履歴書とエントリーシートを見せてくれましたが、

ワタシ、履歴書の書き方くらいは何となくわかるけれど、エントリーシートなんてワカラナイ・・・

なので、「ダイジョウブや」と、ワカラナイまま答えました・・・

 

 

このブログは、下のブログからのお引越しです。

良かったら覗いてみてくださいね(^◇^)

「ねこねここのこどもたち、看護師になあれ」

http://www.neko-nekoko.com/

 

 

お越しいただきありがとうございます。 ねこねここ、と申します。 4人の子供のアラフィフ母です。 子供たちの人生が明るく楽しいものであるよう、いつも願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です