Pocket

もう、びっくり(@ ̄□ ̄@;)!!

もうもう、びっくり、の2ヶ月・・・

 

お義母さんが、ココロを崩してしまいました・・・

 

ずっと近くの内科にはかかっていたのですが、そちらの先生では対応できなくなり、

かなり大きな病院の精神科を紹介していただくことになり・・・

 

いろいろ調べたりアドバイスをいただいたりして、

精神科よりもとりあえずは心療内科に・・・

 

と、私をいつも気遣ってくれているお友達に教えてもらって、

いい先生にあえました。

 

そちらでのカウンセリングを受けながら、処方されたお薬も飲みながら、

なんだかんだで2ヶ月が過ぎて・・・

 

思ったよりも早く、元気な時間や元気な日が少しずつ、増えてきました。

 

この2か月は、やっぱり、とっても疲れたかもしれません。

ウチは自営業で、ワタシも仕事を手伝っています。

今は毎日フルタイム勤務、というほどではなくて、平日はだいたい3~4時間ほどの仕事量。

それはそれで変わらずにしながら、

毎日夕方にはお義母さんの家で夕飯を作って、時間通りに一緒に食べて、片づけをして、

作った残りを少しおいて、残りを自宅に持って帰って・・・

 

そんな毎日でした。

 

それが一昨日、2か月ぶりに自宅で夕飯を作って食べました。

 

昨日はまた、お義母さんの家で夕飯でした。

今日は自宅でした。

 

2ヶ月、毎日一緒に夜は過ごしたので、急にやめることも何となく心配なので、

少しずつ、自宅中心の生活に戻ろう、と考えています。

 

お義母さんのココロがしんどくなってしまった理由は、イロイロあるんだと思いますが、

今回、本当に弱くなってしまったお義母さん。

何年か前までは素敵に和服を着こなして、みんなの前で踊りなんかもしていたお義母さん。

 

体の不調もあったのだとは思いますが、

心配なことが重なってしまったのも、あるようです。

 

お義母さんにとって、

少しの負担や心配の積み重ねが、今回のことにつながったようです。

 

ワタシがそばにいるので、今回は毎日一緒に過ごしていましたが、

毎日のお義母さんの体調や気持ちの変化を見ていて、

 

ココロの病気は本当に大変や・・・

目に見えないので、お義母さん自身が、

 

どんどん自分のことが嫌になって、申し訳なくなって・・・

 

そんなことを感じていることがすごく伝わってきて、

ワタシもつらい日も多かったです。

 

でも。

そんな毎日を、一緒に関わってくれたのは、やっぱり家族でした。

 

旦那さんはお義母さんと一緒に暮らしているので、夜は帰ってきます。

子供たちは仕事や学校の帰りや、お休みの日に、

お義母さんの家まで、ご飯を食べに来て、

お義母さんとおしゃべりをして楽しい時間を過ごしてくれました。

 

小さな子供が3人いて忙しい姪も、

お義母さんにとってはひ孫を連れて、来てくれました。

 

みんなが、お義母さんのことを気遣い、

みんなが、できることをして、

みんなが、自然に関わってくれました。

 

家族っていいなあ、と、本当に感じました。

 

今回はたった2ヶ月。

これが回復なのか、一時的なものなのかもまだわからないけれど、

 

これから何かがあったとしても、

みんなが協力していける。

 

そんな気がしています。

 

ワタシの4人のこどもたち。

まだまだ子育ては終わってはいないけれど、でもね。

すごくいい子たちです。

 

 

 

 

お越しいただきありがとうございます。 ねこねここ、と申します。 4人の子供のアラフィフ母です。 子供たちの人生が明るく楽しいものであるよう、いつも願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です